勉強法が全然わからない人に見てほしいおすすめの基礎の勉強法5選

勉強

みなさんは勉強法に迷って時間を無駄に使ってませんか?

多くの学生が勉強法を調べるために多くの時間使ってます。自分も中学生のころ毎日のように勉強法を調べて、無駄な時間過ごしてました。1日に1時間調べてたこともあります。

そんな自分が今まで調べた勉強法の数は数えきれないです。その中で実際に実践してよかったものやこれは効果がありそうと思った勉強を5つ紹介いきます。

これを読めば、勉強法を探すのに無駄な時間を費やさずにすみます。それに勉強法を実践すれば成績も簡単に上がります。

さっそく紹介していきます。

暗記は夜に声に出して覚えて

多くの学生が1番嫌いなのは暗記だと思います。理科も社会も暗記をしないといけない。なのに全然できなくて落ち込んでいる。

そんな人は、夜に声に出して暗記してください。そんな大きい声じゃなくて大丈夫ですよ。

これは多くの勉強法を調べてきた人なら1度は絶対に目にしたと思うのですが、これめちゃくちゃ使えます。自分はこれで驚くほど成績が上がりました。

この勉強法はなぜおすすめなのか。それは夜暗記したら次の日、勝手に覚えてるからです。さすがに全部は無理ですが、結構覚えてます。

これは寝ている間に頭の中で情報が整理されて覚えてるらしいですが、重要なのは声に出して暗記です。

声に出すと、口から出た声が耳から聞こえてより暗記がしやすくなります。次の日に単語テストがあって全然覚えてない。そんな人もおすすめです。

ですがこれだけではちょっと効果が薄いんです。もっと効果を高める方法があるんです。それは次で紹介していきます。

朝に復習と予習をする

朝は絶対に勉強したほうがいいです。これは偏差値70越えの学校に通っていた人が「勉強するなら朝のほうがいい」と言ってました。

これの理由は極めて簡単です。朝は集中しやすいからです。朝起きたときは頭がすっきりしてて頭にすっと入ってくるんです。

その朝でするべきは前日にやったことの復習とその日の予習です。そんなに時間がない人が多いともいます。なのでそんな人は予習を捨ててください。

絶対に復習だけはやってください。なぜなら前日にした勉強や暗記したことを次に日に復習するとより覚えやすいからです。

1つ前で紹介した暗記とこの朝での復習を組み合わせるだけで成績は驚くほど上がります。それまでテストで500点満点中300点ギリギリだった自分がこれをやったら350点近くまで上がりました。

そこまで上がってないじゃんと思うかもしれないです。ですがまたその次のテストで400点超えました。次のテストまでの間毎日のようにこの勉強法やってました。

それほどにこの勉強法やばいです。ですがほかにも山ほど勉強法はあります。次は暗記以外を紹介していきます。

一問一答三知識を身に着けて

一問一答の問題を1つの答えを回答するだけで終わってませんか?

え?一問一答なんだから1つの答えしかないじゃんと思いますよね。そうです答えは1つです。けど知識はいっぱい詰まってます。

例を出すと、「植物は光合成しますか?」「はい」であってます。ですがここで知識を一緒に引き出しましょう。

光合成するなら葉緑体を持ってますよね。じゃあなぜ植物は葉緑体を持ってるのか。葉緑体はどんなものか。

これできたら勉強の効率化ができます。だって1問からたくさんのこと知ることができますから。

一問一答は大きい紙に点をつけていく感じです。ですがそれを線にしないと絵は描けないですよね。線を書くためには点を増やす必要があります。絵は成績みたいな感じです。

なので1つの問題から1つの答えでなく多くの知識を身につけるほうがいいです。

勉強は時間ではなく量で決める

学生は「1時間やろう」とか「今日は3時間やるぞー」って感じで勉強してますよね。

それはしないほうがいいです。やるならで決めてください。絶対に量で決めてください。

「数学のワークp.12~p.15やるぞ」「英単語を20個覚える」とかを決めて勉強してください。時間で勉強すると全然やってなくても時間は過ぎていきます。これすごく無駄です。

けどこれだけやらないと勉強終わらないと決めたら、勉強しますよね。そしたら達成感もありますし、実力もつきますよね。

なので勉強するなら時間じゃなく量で決めてください。

眠たくなったら寝よう

勉強中に眠たくなったら少しの仮眠をしましょう。

これ関係あるの?と思う人いると思いますが、関係あります。これ