【あなたはできる?】頭がいい人がしている考え方

おすすめ本

みなさんは頭がいいと聞くと、テストの点数が高い、才能だろなどを考えるかもしれません。自分は頭がいいというのは、才能ではなく誰もが手に入れることができる考え方だと思っています。

じゃあ頭がいいとは何だと思うか?それは「本質をとらえる力」を持っていることだと思います。

頭がいいというのは多くの人は勘違いしていると思います。自分はある本を読んでこれを知ることができたのですが、みなさんにも知ってほしいと思い紹介しています。

あなたはこのまま普通の状態でも、毎日を過ごすことができると思います。ですがあなたはこの普通の毎日で構いませんか?周りと同じスピードで進んでいては、成長はできません

じゃあ頭がいい人になるためにはどうしたらいいのか。それはある本を読んでほしいんです。今回はその本を紹介します。

東大思考

今回紹介するのは「東大思考」という本です。この本は東大生がどんなことを日常で考えているのかを紹介している本です。

1番最初にこの本の重要なところを紹介します。それは「本質をとらえる力」について紹介されているところです。

これ最初のほうに紹介しました。頭がいいというのは、本質をとらえる力があることだと。それが紹介されています。

この本にいいところについて紹介していきたいですが、その前にこの本を読むうえで注意してほしいことを紹介します。

注意してほしい

この本を自分は本屋さんで表紙だけを見てすぐに購入しました。やっぱり「東大生」ということばが使われているだけで、目を奪われてしまいました。ですが注意してほしいのはここです。

東大生という言葉だけでこの本に書かれていることが正しいと思いこんではいけないです。自分は全部有益だなと感じましたが、本当に自分に得なのかは読んでしっかりと判断してほしいです。

それもこの本に書いてある本質をとらえる力があれば、見抜くことができると思います。

読んでよかったこと

ここからは本質をとらえる力のどこが便利かについて紹介していきます。

自分はこの力を手に入れて、2つのことができるようになりました。1つ目が人の言いたいことの本質がわかりやすくなった。2つ目は、暗記が前よりできるようになった

1つ目から紹介します。人の言いたいことの本質がわかりやすくなりました。よく話をまとめられずに話してしまう人がいます。そんな人の話が何を言いたいかをわかりやすくなりました。

もう1つ紹介すると、この人のこの言葉の本当の意味はこうじゃないか?と考えることが増えました。そしたらだんだんと言葉の裏にある本質がわかるようなってきたので、相手のことを理解しやすくなりました。

2つ目は、暗記がしやすくなったですが、これは勉強に関することなんです。ですがこれは大人の人でも暗記がしやすくなると思います。

じゃあなんで暗記しやすくなるの?これの答えは、本質をとらえることができるからなんですよね。

例えばペリーの黒船来航は何年ですか?と聞かれて1853年と答えれる人はいると思います。ここでなぜ1853年にペリーが来たのかを知っていた、本質を理解して覚えることができます。

これをすると何日たっても忘れにくいです。自分もこれを覚えたのはもう2か月前のことです。学校の授業でも範囲外なのでテストだから覚えたわけでもありません。

これほどに本質をとらえる力が便利なんです。じゃあこの力を手に入れたくないですか?

その力この本を読むことで、学ぶことができます。ですが、学んだことを実践しないと力は手に入りません。なので本を読んで満足するだけじゃなく、実践しましょう。

ぜひみなさんがこの本を読んで、1つ上にレベルアップしてることを期待しています。